皮革素材のシンヤ工業所
home レザークラフト用皮革材料販売 製造工程 皮革アラカルト 皮革Q&A 会社案内 採用情報 お問い合せ

新着情報:一覧
キャンペーン情報

天然皮革を製造加工する素材メーカー

皮革アラカルト
革の種類 > 原皮による分類(牛のみ)

牛皮

 革製品の大部分は、牛皮が使用されています。我が国で処理されている原皮の80%以上が輸入されており、種類は多種あります。
 成牛皮は、代表的なものはステアハイドであるが、カウハイド、ブルハイドが含まれます。これらは、大判で厚く、繊維組織が比較的均一で充実し、強度及び耐久性のある革となります。この革は、靴底革、中底革、甲革、裏革、かばん、家具、工業用に広く利用されています。中牛皮(キップスキン)及び子牛皮(カーフスキン)は、成牛皮に比べて銀面が平滑で、肌理(きめ)が細かく、高級な革となり、その代表的なものは、ボックスカーフです。靴甲革、ハンドバッグ、手袋、衣料などに用いられます。

homepagetop

Copyright(C)2004 皮革素材のシンヤ工業所 All Rights Reserved.